検索サイトからのお越しの方は左完成画像からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モデルグラフィックスの4月号で特集され、話題になった「色彩」。
説明が非常に分かりやすくいい記事でした。飛ぶように売れてましたね。

しかし、「何となく概念はわかったけど・・・理解はできない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


アパレル系やデザイン系の職種に疲れる方には馴染みのある分野なのですが、
一般の方からすると専門的すぎて何がなにやら・・・といった印象をお持ちの方が多いかと。
(ちなみにG-PARTSさん)等でまだ買う事が出来ます。)


前回の「色」記事にも公開・非公開問わずたくさんのメッセージを頂きましたし、今回はその辺のお話をちょっとだけしてみようと思います。


あ、あくまで「私見」の範囲内での話ですのであまり期待はしないでくださいね |壁|ω・`)チラッ



※ちょっとだけ、と言いつつ随分長くなったのでお暇な時にでもどうぞ。
(※メールで教えていただいたのですが、質問を劇団ひとり、説明を池上彰さんの声で脳内再生すると面白いです。)




Q.色の三原色ってどういう事なんですか?

原色=これ以上分解できない色。
数学で言うと素数ですね。

色彩学では分解して行くと最終的に3つの色に行きつくため、その3色を「色の3原色」と呼んでいます。


これは、「色を作るのに最低でもこれは必要だよね」と言う色の事でもあります。


その3原色の内訳は、

「シアン」「マゼンタ」「イエロー」
または
「赤(Red)」「緑(Green)」「青(Blue)」


の3色を指します。

3原色って言ってんのに3×2で6色あるじゃねーかふざけんな殺すぞ、と言われそうですがまぁ待って下さい。


「シアン」「マゼンタ」「イエロー」この3原色の場合。

こちらは「色を混ぜると黒に近くなる」場合の3原色です。
皆さんの身の回りでは、インクジェットプリンタのインクなんかが代表格ですね。
インクタンクはこの3色と黒の4色構成になっているモノがほとんどだと思います。

マゼンタは明るい赤紫色。
シアンは明るい青色。
イエローは明るい黄色です。


「マゼンタ≠赤」「シアン≠青」「イエロー≠黄色」です。


('A`)ハァ?

となった方に説明しますと

←これが青で
←これがシアン

←これが赤で
←これがマゼンタ


←これが黄色で
←これがイエローです。


微妙に、ですが違う色だと言う事は御理解いただけましたでしょうか。
細かい所は後に回して「違う色なんだ」と言う事だけ覚えておいてください。

この「色を混ぜると暗く、黒に近くなる混色」の事を、「減法混色」と言います。
絵の具、インク、そして塗料等がこちらに属します。(印刷の3原色と呼ばれたりもします)



一方、「赤(Red)」「緑(Green)」「青(Blue)」頭文字を取って「RGB」と略されたりするこの3色。

webデザイナーさんやデジタルで絵を描く人なんかは馴染みがあるんじゃないでしょうか。
これは「色を混ぜる度に明るく、白に近くなる混色」に使われる3原色です。
こちらは液晶ディスプレイや照明などに用いられる混色方法で、「光の三原色」と呼ばれたりもします。

この「色を混ぜる度に明るく、白に近くなる混色」の事を、「加法混色」と言います。
こっちは模型にあんまり関係が無いので、これ以上の説明は省きます。


則る法則が違うため、二通りの「3原色」があるわけですね。




Q.じゃあ3原色(色の源シアン・マゼンタ・イエロー/クレオス)を買えばどんな色でも作れるの?


「クレオスのラインナップ上の色」は作れるそうです。
「ラインナップ上」とか言うのがやらしいところですね。


先ほど「色の3原色さえあれば何でも作れる」と言いましたが、
その前に「理論的には」と付いたのには理由があります。



理由は、【「完全なシアン」「完全なマゼンタ」「完全なイエロー」の塗料が無い】ため。


マゼンタは明るい赤紫色
シアンは明るい青色
イエローは明るい黄色


と言う事は最初に説明しました。
塗料は色を表現するために「顔料(染料)」と言う材料を使っているのですが、
この材料に完璧な3原色の色をしたモノが無いんですね。


なので

「もの凄くシアンっぽい色」「もの凄くマゼンタっぽい色」「もの凄くイエローっぽい色」

を使って色を作ってるわけです。


・・・うーん、わかり辛いか。

キッコーマンの醤油と丸亀の醤油だと分量同じでも微妙に料理の味が変わる、そんな感じです。



この微妙な誤差のせいで、再現不能な色が出てきます。
ガイアカラーの「ウルトラマリンブルー」なんかがそれにあたりますね。
あれは宝石のアクアマリン(※訂正※ラピスラズリでしたm(_ _)m)から抽出した顔料を使って作られたそうで、あそこまで鮮やかな赤よりの青って普通は作れないそうです。


この辺は詳しく話すと顔料・染料の特性といったすごく面倒な話が必要なので省略しますm(_ _)m



要は、理想(色彩学)と現実(日常生活)は違う・・・と言う。(乱暴な解釈




Q.「明るい」とか「鮮やか」とか「赤を青側に振る」とか意味わかんねぇんだけど。日本語でおk。



色を語る上での物差しとなる言葉(色の属性)があります。
それがわからないと質問のような状態に陥るわけで。

その物差しが、「色相」「明度」「彩度」の3つです。(色の3属性と言ったりします)



色相は「色味」のこと。
「赤」とか「青」とかですね。

明度は「色の明るさや暗さ」のこと。
同じ「赤」を暗い所で見るのと明るい所で見るのでは違って見えますよね。
この度合いを示す言葉は「明るい」「暗い」といった表現になります。

彩度は「色の鮮やかさ」のこと。
つまり色の純度の度合いです。
この度合いを示す言葉は「鮮やかな」「濁った」「くすんだ」と言った表現になります。


ちなみに、この3つと同じくらい「トーン」という言葉を聞くと思いますが、


トーンは「明度と彩度の二つの属性をまとめた形容詞」のこと。


ざっくりいうと
「明度がどうで彩度がどう、と言わなきゃいけないのが煩わしいので、よく使う色を区分けしててまとめたもの」
がトーンです。

パステルトーン、ビビットトーン、とか言いますね。


ちなみに、

パステルトーンは「明度が高く彩度が低い」色
ビビットトーンは「最も鮮やかな」色

を指します。

余談ですが、日常生活では「ビビットな色=原色」といったニュアンスで使われたりもしますね。


「原色カラーのシャツをアクセントに!」
とかファッション誌に乗ってるアレです。スイーツ(笑)


「原色カラー」って言う変な日本語に対するツッコミは置いといて、
ここで言う原色が「色の三原色」ではない事はなんとなくお分かりになるかと思います。

これは、おそらく色彩学で言う「マンセルシステム」の中の「基本色相」の事だと思います。


赤(R)・黄(Y)・緑(G)・青(B)・紫(P)の5色

それぞれの間の黄赤(YR)・黄緑(GY)・青緑(BG)・青紫(PB)・赤紫(PR)の5色の中間色相

この10色を基本色相と呼ぶんですね。


多分「基本の色相→基の色→原色」という変化を遂げたんじゃないんですかねぇ・・・。




で、この「基本色相」の各色相において、最も彩度が高い(最も鮮やかな)色が「純色」と呼ばれます。




純色。



推測ですが、ガイアカラ―から出てる「純色シリーズ」は三原色+基本色相の考えが入っているんだと思います。


クレオスがシアン・マゼンタ・イエローの3色なのに対して、
ガイアはシアン・マゼンタ・イエロー・グリーン・バイオレットの5色。


これは先に説明した顔料の性質の問題だと思うのですが、
グリーンとバイオレットは「3原色っぽい材料を混ぜて作った色より鮮やかな色が出る材料」があったんんじゃなかろうか。


イエロー(Y)とシアン(C)を混ぜたらグリーン(G)になります。
が、先ほど説明したように塗料の世界ではY・Cは「それっぽいもの」なのでY'、C'になります。

式にすると、


Y'×C'=G'


となって、G(ホントの緑)>G'(それっぽい緑)です。


で、G(ホントの緑)≧純色グリーン>G'(それっぽい緑)


なんじゃないのかなぁ、と。

そうじゃないなら、
「混色めんどいだろうから混ぜたの出してた方がやりやすいじゃん」って言う親切心?


そんなガイアが僕は好き。ガイアカラ―の純色シリーズ、オススメです。



最後に「青を赤側に振る」とか言うのは、

180px-HLSColorSpace.png

色相環(↑)ってモノがありまして、それから見て「青に赤味を足して(赤側に色を動かして)色を変える」事です。

「青を赤側に振る」なら青にマゼンタを足すといいわけですね。赤を混ぜると濁るからダメです。



何故か?




赤には青色の補色である黄色が含まれているからなんですねぇ。


と言うわけで、次回「補色・色の組み合わせ」に続きます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
凄い、、、、
マジメに30分読んでしまった!
フムフム、、、メモメモ、、、
続編も楽しみにしてますお!
(勉強になるのぉ~!ウン)
2011/09/11(日) 09:53 | URL | 兄さん #-[ 編集]
>兄さん
恐縮です・・・ありがとうございます。

続編は来週くらいに挙げれたらいいな~と考えてますがどうなる事やら・・・
2011/09/13(火) 18:29 | URL | しま #L8Zvtm4s[ 編集]
前回に続きタメになる話しで、大変参考になりました~
色彩はちんぷんかんぷんなんですが、すごい分かり易かったです
なんといっても色にちょっと興味が持てるように
ブラシで塗ってみようかw
2011/09/13(火) 18:44 | URL | ちょい #-[ 編集]
>ちょいさん
>ブラシで塗ってみようか
上手い!www

嬉しいコメントありがとうございました!
次回も気合入れて書きますね!
2011/09/16(金) 18:36 | URL | しま #L8Zvtm4s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://accomplish.blog96.fc2.com/tb.php/574-648c216f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。