検索サイトからのお越しの方は左完成画像からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_2351.jpg
出張してたグフカスが帰ってきました。


ガンプラネタが無いので過去作でお茶を濁す・・・(何




今回は現在僕が忙しい原因、うちの老犬の話です。
とても痛い話です。(痛いの・可哀想な話がダメな人は読むのをお控え下さい
IMG_0028_20101020002442.jpg


中学生の頃、部活から帰ってくると居間のテーブルの下に丸まっていた小さな子犬。
僕の弟の弟分として、我が家にやってきました。

その日から12年が経ちました。




4.5ヶ月ほど前から、よく転ぶようになりました。
もう年だから、しょうがないのかな…と思っていましたがどうも様子がおかしい。

右の後足がぎこちない動きをしていました。

病院に連れて行っても原因不明。過去に痛めたヘルニアから来てるかも知れない、との事でしたが確証もなく。
原因がわからないため対処が出来ない。

日に日に悪化して、右後ろ足はとうとう完全に麻痺状態になりました。


それが1ヶ月半ほど前の話です。


1ヶ月前。
動かない足が気になって仕方が無かったのか、足を舐めるくせがついていました。
元々躾が上手くいかなかったため舐め癖があったのですが、今回は様子が違いました。

足の毛が無くなるまで、皮膚が擦り切れるまで舐めていました。


そのまま病院へ。
感覚がなくなった足に違和感を感じ、それがストレスになっているのではないか、との事でした。

とりあえずガーゼと包帯を巻いて、1週間くらいで治るだろうとの事。




3週間前。
包帯を噛み千切り、指が1本抉れていました。


出血していたため急いで止血し、足に頭が届かないように首にカラーをつけ、病院で処置していただきました。


どうやら、痛覚も無くなっている様で足を邪魔なものと認識しているのかもしれない、との事でした。
この時、足の切除を説明していただきました。

しかし、今の傷が治れば噛まなくなるかもしれないという希望があった事と、
何よりも「足を切る」と言う事実に怖気づいてしまい判断が出来ませんでした。


怪我をしている当人は、そんな心配などどこ吹く風で。
いつもどおり飯をくれ、散歩に連れて行けと元気な様子。


それを見ていると、このまま何事も無かったかのように治るんじゃないか、そう思えました。
処置後、鞭打ちようのコルセットのようなもので首が完全に曲がらないように固定。




2週間前。
酔った父がコルセットを緩めたまま寝てしまい、夜中にそれが外れていました。



右足首が、無くなっていました。



深夜2時に帰宅した弟が発見し、既に寝ていた僕と両親を叩き起こしました。

自分のせいだと動揺する父を宥め、僕が県内の動物病院に片っ端から電話をかけ、母と弟が止血。


当然、深夜だからどこも営業時間外で電話に出てくれない。
2度・3度と電話をかけますが、当然どこも応答無し。





県外になら、福岡になら深夜救急の動物病院があるかもしれない。





そう思いネットで検索すると2件ほど該当、その場で電話しました。



まず止血方法を聞き、血を止め、できる限り犬の体から血を拭き取りました。
その後の処置の方法もできる範囲で行い、かかりつけの病院が開くまで看病しました。


明けた次の日。



足を切除しました。




縫った後が痛々しくて、可哀想でたまらなくて。
全身麻酔が効いている状態でも、もう起きないんじゃないかと不安で・・・



麻酔が覚めた後、ゆっくり目覚めました。
さすがに痛いのか、夕飯はいつもの半分しか食べませんでした。


とりあえず目覚めたことにホッとしたのですが、やっぱり心配だったので自室ではなく犬と同じ部屋で寝ました。


拘束具(?)はコルセットからエリザベスカラーに。
ゴワゴワするのが気にくわないようですが、とりあえずは寝てくれました。


数日後、トイレのために外に出したら器用に3本足で歩いていました。
と言うか、4本あったときよりフットワークが軽快でした。(走りだしたので慌てて止めた






1週間前

0.2mmプラ板製エリザベスカラーを割って傷口を舐める→傷口が開く→再縫合



今週
0.4mmプラ板製のエリザベスカラーの接続部から破壊、手術痕中心部が完全に開く→血まみれ→再縫合 



祖母の家に行った数時間の間でした。
見つけた瞬間軽いパニックになって、犬だけ引っつかんで病院へ。

その場で即再縫合。
僕が前足を掴んで固定して、先生が傷口を縫っていく。


その時、携帯も財布も何も持たずに出たもんだから、帰りにお金払えない、午後間に合わないのに職場に連絡取れないでアタフタアタフタ。。。


おかげで大目玉食らいました。
パニック&放心状態で頭が回らず、フォローも何もできなかったのがマズかった・・・('A`)
しかも家族と言えど犬ですから、緊急性や重大性の理解があまり得られませんでした・・・(コレが一番ショック


カラーは、今日から中型犬用の頑丈なモノを首の太さにあわせてテープで固定しています。



コレならもう外れないだろ・・・・無事に治ってくれれば・・・ホントにそれだけです。



因みに、↑の文は介護日記と言うかメモ帳に症状を書きとめていたのでそれをコピペ&改変しました。




そういう訳で、なかなか更新やプラモが出来ないわけです。
しかも試験まで重なってて・・・('A`)


精神的には参ってきていますが、体は健康なので問題ありません!
しかし、キャノコンネタ更新は今しばらくお待ち下さい・・・・


と、いうわけで今日も疲れたので寝ます。
駄文を最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/20(水) 19:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://accomplish.blog96.fc2.com/tb.php/499-39632a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。