検索サイトからのお越しの方は左完成画像からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版00CM



ハンカチ持ってけばよかった…

朝一で人少ないだろうと思ってたら満席だし・・・
まぁ、隣の女性も泣いてたのでOKです(何


ハルートとサバーニャ、そしてジンクスⅣ&ブレイブがやたらカッコイイ!


ネットの評価があてにならん事がよくわかりました。
公開前にバレ情報が2chに広まり、それのせいでろくに見てない人がシネマ評価やバレサイトに沸いてるようですね。



「ガンダム00」を作品として見てた人には納得のいく出来に仕上がっていったと思います。

終盤に多少の違和感はあってもねw


かわりに、「ガンダムらしさ」(いわゆる富野的な雰囲気)を求めて見に行くのであれば、「こんなのガンダムじゃない」と言う感想とかが出てくるんだろうな、と言った感じです。


00が「ガンダム」してなかったか、と言うと全く違って「ガンダム」なんだけど「ガンダムじゃない」んですよね。

伝統的なガンダム作品の雰囲気も持っていましたし、それ以外の新世代の感覚、タイプで言えばマクロスFやエウレカセブンのような、最近の作品が持つ面白さをガンダム世界に持ち込んだ感覚でした。


まぁ、100回聞くより1回見たほうが早いので是非見に行かれてみてください。
特に、00に1人でも好きなキャラがいる方は、その生き様を是非見届けて欲しいと思いました。

僕はハレルヤとセルゲイ血族&友人が気になっていたので彼らの結末を見れただけで大満足でした。


プラモはMGか1/100が出るのを待ちますw
さばにゃんとハルートが1/100で欲しい。

あ、00はMGで出るそうですね。(情報筋より



僕はとても面白いと思った劇場版ガンダム00。(満点ではありませんでしたがw


これだけシリーズが続くと各々に好きな作品があって好みもでるわけで、その各作品が定義する「ガンダム」と自分の求める「ガンダム」が合致するか、そうじゃないのか。

そういう事があるのでいろいろ論議を醸しているんでしょうね。
「ガンダム」の持つ意味が広義になりすぎたがゆえに起きる問題と言うことでしょうか。



ネタバレ・その他感想は↓からどうぞ(コメントはネタバレの嵐になると予想されるので未視聴の方はお気をつけ下さい)
































小熊の評価↑↑↑


父殺しの時(2期)では評価最底辺だった小熊。(アンドレイ=スミルノフ

2期終盤で父の想いを知った後、どう成長したのかが気になっていましたが・・・


さすがはセルゲイ大佐の息子でした!!!!


あの散り様は映画最大の泣き所だったかと…

正直ハムさんのは突然すぎてあっさり感が強すぎた。(セリフも尻切れだし
どこまでも不遇なハムさん…人気キャラなんだからしっかりして欲しかったなぁ。


あとは冒頭の「映画ソレスタルビーイング」はBD特典で30分位のを作ってくれないかなぁw
金ジム無双が面白すぎるwww
そしてそこはかとなく漂うGガン臭wwww

オチは沙慈の一言で綺麗にしまってたなぁ、と。「僕、出てなかったなぁ・・・」


・デカルト
うひょぉぉぉぉぉぉガデラーザかっこえぇぇぇぇ

が、主要キャラと何も絡むことなく死亡…
MAに乗ってきた時点でガンダムシリーズの鉄則(MAで出撃=死亡フラグ)が適用されることはわかっていましたが…

取り込まれたんだからさぁ、最後に敵として出てくるくらい、ねぇ?
声優さんもハマリ役で雰囲気よかったのに、もったいないキャラだったなぁ~と思いました。


・ELS
無限発生型ファンネル生物…(と言う風に見えた
しかも記憶した兵器に変成。戦艦・ミサイル、ジンクスや00、何故かエクシアのような形にまで…

ボディタッチでコミュニケーションを試みた結果があれだった、となるとちょっと不憫な存在。
でも彼らに明確な死があるのかな、と。核みたいなものがあるんだろうか。


・刹那
「俺がガンダムだ!(成分的に)」


実はネタバレでラストだけうっかり見てしまいまして・・・

「メタル刹那とマリナ(婆)が抱き合って終わり」

と言うものだったんですが、あれメタル化してるわけじゃ…無いような…?
マリナの手をとった時も擬音が柔らかいものでしたし。(足音はガチャガチャいってたけど


イノベイターは理論的に常人の倍は生きることが可能、と言う設定も出てましたし純粋種の50年後って言う描写だったのでは、とも思えてきます。

って言うかあれだけ献身的に想ってくれたフェルトとはどうなったのか…
フェルトももちろんババァになってる(もしくはイノベ覚醒でまだ若い)だろうからその辺が知りたかった。


特別にクアンタに思い入れも無かったので出番の少なさは気にならず。
むしろ、話の流れと機体のもつ意味からするとアレはどうしようもないでしょう。

良くも悪くも彼を中心として進んできたのがガンダム00ですから、彼が明確な「生きる理由」を見つけれたことは素直によかったな、と思いました。

それが幸せな事なのかどうかは、本人が決めることなんでしょうね。ラストからするに幸せだったのかな。



・アレルヤ&ハレルヤ・ソーマ&マリー
ハレルヤさんの超兵っぷりに震撼。

ジャッキーも真っ青のスタントプレイでしたね…
戦闘でもこれでもかというくらいに大活躍!!!もう電池とは言わせない!!


マリーは特に目立ったことは無く、アレハレばかりが際立つ内容。俺得!

ただ、あの一人芝居はなぁ…w
シリアスなシーンなのに笑いがこみ上げて仕方なかったw
ハレ「コレが超兵の実力だぁぁーー!」アレ「違う!」(即否定

あそこだけ繰返したら結構面白いと思うw

ハルートは1/100で出たら買う事に決定。1/144はフル装備版(マルート?)が出たら買うかな。

ちなみに、ハルート・マルートはイスラムの堕天使の名前です。
ラファエル=キリスト教の大天使
サバーニャ=イスラム教の天使、地獄の番人。
クアンタ=量子という意味・・・?

だそうで。


・ライル
狙い打つぜ!がニールと同じ調子になってました。
財政難ガンダムなのに今作で一番輝いてたMSなんじゃないでしょうか。
シールドビット、ライフルビットをそれぞれ別のハロに任せ、主要操作をライルが行うシステム。
攻撃も多彩でひたすらカッコよかった!!
終盤の「アニューとだって分かり合えたんだ、お前らとだって…!」と言うセリフでグッと来ました。
2期のあそこも尺足らずでライルのヘタレ具合ばかりが浮いてましたが、心から愛した女性を目の前で失ってるんですよね。
しかも脳量子波干渉で完全な意思疎通をした上で…
その経験が彼を変えたんだな、と。


・ニール

その登場の仕方は反則。

泣いてまうやろー(ノД`)・゜・。



・ティエリア
ラファエルの登場シーンは1期のヴァーチェを髣髴とさせる圧倒的な火力のお披露目から。
おぉ、と思わず唸る演出でした。

「僕だって脳量子波を使える!」から「・・・トランザム。」までの流れはもう(ノД`)・゜・。

でも誰も彼の死について触れない。そして「別になんともねぇよ」的に再登場のティエリア。
あの感動はなんだったんだ…w

結論
ラファエルが無くなっただけ


・沙慈
「僕、出てなかったなぁ・・・」
思わず噴出したw
あとやたらイケメンになってた。ルイスは前のほうが可愛い(何


・コーラ
相変わらずのアホさに和んで、パジャマに笑って出撃シーンでグッと来て。

あぁぁぁぁあぁ!コーラが!コーラが死んでまう!


とハラハラしてたらちゃっかり生き残るところは流石w
そしてあんなシリアスな戦場をコミカルに処理する能力も流石でしたw


・カタギリ&ミーナ

「や・・・優しくしてください」wwwwwwwwwwwwwwwwww

そしてミーナがエロ過ぎる。そばかすがないからネーナじゃない…。元DNAの人かな?


・グラハム

グラハムスペシャル再び。もう胃液は吐かないぜ!


「これから出る戦場では、諸君らに命をかけてもらうことになる。だがあえて言おう、死ぬなよ。」

あえて言ったのに。。。あえて言ったのに!!!(ノД`)・゜・。

せめてもちょっと解りやすく活躍して欲しかった。


・トレミークルー
まさかのミレ×ティエ。フェルトは想いつつ身を引くような。健気な子や…
もうフェルトがヒロインで良いよね。
スメラギさんは外宇宙船になりました。「私が外宇宙船だ!」
さりげなくアーチャーの発展機みたいなやつが飛んでましたけど、あれのパイロットって…アレ×マリーの子供かな。

おやっさんが死を悟って手を振ってる所はもう涙腺が決壊寸前だった。
SEEDのカガリ思い出すわぁー。あれも泣いたわー



総評

内容 85点(ここまで泣かされるとは思ってもいなかった)
構成 65点(駆け足感が否めない。ディレクターズカット版BDの発売希望!)
音楽 90点(流石の完成度)


ガンダムシリーズの特徴、「釈然としない終わり方」には触れないとして。
緩急どころか急急急だった印象。もと(見せて)魅せて欲しいシーンもあったし説明が欲しいところも結構あった。


00の続編としてだけ見るならAランク、劇場作品としてみるならCランク、って感じでしょうか。
でも逆襲のシャアを初めて見た時の( ゚д゚)…? って感覚ほどでもなかったような。

こう言うのから考えると、ガンダム作品にオチをつけるのって物凄く難しいんでしょうね。
おそらくどういう結末にしても文句言われるんでしょうし…w

評判がよかった時のために次作もやろうと思えば出来るよ、って言う風にしなきゃいけないでしょうしね。(スポンサー的にも


見た直後の感想としてはひとまずこんな感じです。
これからいろんな媒体でいろいろな説明があるでしょうし、それを見たらまた見方が変わるでしょうけどw



とりあえずは、ガンダム00面白かったです!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕的にはGガン受け入れた時点で何でもござれなんで(爆)、ネットで言われてるよりOO楽しめましたね~。
まさか新たな敵がT2000だとは(違

ELSの擬態能力はMS戦を演出するうえでの苦肉の策だったかもしれませんが(ずっとMS対針というのも…)、各キャラの成長の跡も見られたし、ちょっと展開詰め込みすぎな気はしつつも巧くまとめたんじゃないかと思います。

刹那のメタル化?は、ELSと分かり合って他のイノベイターよりさらに進化した(または融合した)姿なんじゃないかな~、と都合よく解釈してます(^^)
2010/09/22(水) 20:48 | URL | クマっち #-[ 編集]
>クマっちさん
T2000www
パンフによると普通のイノベイターをさらに超えたイノベイターを表現した、みたいな記述があったりしますが…
その文句もスーパーサイヤ人的ですよねw

これまでのガンダム劇場版も詰め込みすぎで、何回か見ないとわからないモノでしたが00も例に漏れずそのタイプですね。
逆シャアは10回以上見ても新たな発見がありましたし、F91は設定を知ってからだと流れも違って見えましたし。
00もいろんな細かい部分が見えるようになるんでしょうね。
2010/09/27(月) 22:38 | URL | しま #L8Zvtm4s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://accomplish.blog96.fc2.com/tb.php/494-3d728e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
劇場版 機動戦士ガンダム00―AwakeningoftheTrailblazer―のMOVIX京都での舞台挨拶の回を見てきました。公開初日に売り切れかなと思っていた限定版パンフレットですが、全種類売っていたので...
2010/09/22(水) 22:47:48 | MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。