検索サイトからのお越しの方は左完成画像からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソロモンにコート忘れた!

そして彼女の車にサザビーの踵を落としてたらしい・・・
傷ついてないらしいので、塗膜は頑丈だったと言うことで。(何

サフ→黒→銀→超細銀→クリアー→クリアレッド→薄クリアーレッド→クリアー→クリアー

ですからね。何回塗ってんだっていう。
研ぎだしてみようかなーなんて思ってますが多分まだクリアが薄いでござる。
って言うか彼女んちに踵取りに行かないと…


さて、少しばっかり手を加えたのでF型のほうも独立させました。


・F型とS型との中間に
・ディティールは控えめに
・R-2と並べるといい感じになるように
・そしてR-2への繋がりも入れればいいなぁ


写真つきで↓
まずはこれまでのおさらい。

IMGP1248.jpg
シールドを両側2mmずつ、下に2mm延長。
モノアイスリットは1mm幅詰め。
口も1mm延長し、フチを薄くしています。
動力パイプは1個に付き3個の穴をあけて、面取りビットで均しています。

IMGP1247.jpg
スパイクはアルミパーツに交換。
左右の上腕は1mmプラ板で囲み、個人的なザクのイメージを強調。
画像ではまだ施工前ですが、二の腕内側も1mmプラ板と瞬着でボリュームアップしました。
右肩も1mmプラ板で囲みボリュームアップ。

IMGP1250.jpg
そして今回更新のメイン工作。
脹脛をS型のパーツと交換し、バーニアを増設。
加えて、流行の兆しがある「フチモデリング」をF型にも少々取り入れました。
足のディティールが寂しいけど、スジボリはなんか似合わない・・・となればこの技法は最適です。
まぁ、箇所が小さいので単なる段落ちディティールと同じと言っちゃあそれまでなんですがw
ちなみに0.4mmで彫っています。


ランドセルはF型の物を使いますが、迫力が無いのでディティールを追加した後、


IMGP1251.jpg
R-2でアルミパーツに置き換えたため余ったパーツを加工してF型に取り付けます。
「R型直系ランドセルの始祖」みたいな感じでしょうか。(バーニア変えただけですがw)


これで、S型につながる脚とR-2型に繋がる「それっぽい」ジョニー専用F型が出来るわけですね。
パイプの肉抜きは軽量化、ふくらはぎのバーニアやランドセルの高機動型バーニアで機動力の向上を表現しています。


「F型をカスタマイズして使ってたらしい」
「S型には乗らず、F型からR-2に乗り換えている」


と言う情報から推測したF型ザクなわけですが、開戦~ソロモン戦前後まで乗り続けた機体なのでこれくらいやっててもいいと思うんですよね~。

って言うかこれくらいしてないとただのザクで戦艦沈めまくってたと言う事になるわけで…
まぁ、その方がジョニーの凄さは増しますけど…。うーん。


とりあえず、今の僕が考えるジョニーのF型はこんな感じです。


IMGP1249.jpg
ジョニーと言えば真紅=クリムゾンレッド。
2.5倍希釈です。MG2体分…足りるかな…
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/27(火) 03:18 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://accomplish.blog96.fc2.com/tb.php/443-095b3801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。