検索サイトからのお越しの方は左完成画像からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081116222950.jpg


正規軍カラーのジンクスⅢかっこいい!
これは作りたいなぁ。
しかし、大佐の乗機なのに最新鋭機では無いって事は、正規軍はやっぱり虐げられてるんでしょうか。
今回は今までなかなか目立たなかったセルゲイが渋さをグッと魅せた話でしたね。
セルゲイ好きの僕としてはその他はダイジェストでお送りしたい気分です(何


と言うわけでサクッと進めましょう。
前回引き金を引くか迷っていた沙慈。
20081116205314.jpg
結局引きませんでした。(どう見てもミサイル打ったのは沙慈っぽい描写でしたが)
あれだけ刹那を罵っておいて、簡単に撃つんだったら「(  ´_ゝ`)エー」ってところでしたので、これはナイス。

その後00を整備を手伝って「自分は撃たないけど手伝う」沙慈。
自衛隊の給油事業みたいなもんだね。必要なことです。

で、
20081116204743.jpg
自動追尾のミサイルに殺られそうになるルイスを助けるアンドレイ。
先行するわたいした事無い武装にやられそうになるわ、ルイスはパイロットしては本当に未熟。
アンドレイがせっかく助けてやっても例の一つも無く恨み節のみ。


一方、迫る変体と逃げる青年の勝負。
20081116204612.jpg
トランザムを使った00はさすがに強く、グラハムの技量を持ってしても太刀打ちできません。
しかし、瞬殺はされずに渡り合うグラハムは流石でした。
この人がガンダムと同じ性能の機体に乗った場合、CBに対応できる人はいないでしょう。(ハレルヤくらいか?

やっぱり役割的にはシャアではなくゼクスですね。エピオンに乗った時の強さは尋常じゃなかった。

その後00がオーバーロードを起こし停止。
20081116204620.jpg

「なんと・・・機体が万全ではないとは・・・。ならば、斬る価値も無し!」



・・・武士道?流石に軍規違反だろ(笑
やる気を無くして帰るグラハムさん。慌ててその他の部隊が落としにかかりますがケルディムとセラヴィーがフォローに入って何とか場をしのぎます。

そしてアリオスはソーマのアヘッドと相討ちになって墜落。

このタイミングでスメラギが起きて色々と指示を出し、アロウズは撤退していきます。
20081116204626.jpg
「Mr.ブシドー!一体どういう・・・!」
「聞く耳もたん!」

咎めるバラックとその通り聞く耳持たないグラハムさん。
ライセンスってどの辺りまでカバーされてるんでしょうね。

そしてこの後はルイスが捜索に出たり、
20081116204555.jpg
「捜索は、正規軍に任せましょう?」
アーバさんが嫌味な感じだったり。このキャラいいなーw
マネキンさんはだんだん軍人らしさが薄れていっているのが不安です。指揮官なら感情は殺しなさいよ。

そしてカタロン側のスポット。
要約すると、アザディスタンがイラクみたいな感じになりましたよ、と言うことですね。
あそこと違うのは皇女が健在な事くらいでしょうか。何がどう悪いことなのかの説明が無いのでイマイチ入っていけません。
マリナがここまで凹む理由がわからん。ただ国の名前に固執してただけにしか見えない・・・。
国民のため、と言いながら国は北斗の拳状態ですし。連邦が治めたほうがよいのではないか?

前回のサーシェスの下り(どうやって逃げてきたのか)にしても、ちらほら説明不足感が拭えません。

アレルヤとソーマは殴り合って揉みあってたらソーマの記憶が戻って失神。


そして、


20081116204633.jpg
そのテントどっから出したんだよ と突っ込みたくなるテントで休んでた2人。
宇宙船でのハレルヤの行動の理由、ソーマ人格の移植理由。
色々と伏線が回収されましたが、アレルヤが具体的にどうやって助かったのかは不明でした。
酸素が尽きた、と言ってるけどもそれはどうやって解決したんでしょうかね。

そして、
20081116205018s.jpg
セルゲイ到着。

「その声・・・、そうかお前があの時のガンダムパイロットか・・・。中尉から離れろ!ソレスタルビーイング!」

軌道エレベーターの事故の件を思い出すセルゲイ。
アレルヤがマリーの事を、マリーがソーマのことを話しますが、

「テロリストの言う事を信じるほど私は愚かでは無い!」

「私は君の、いや、君達の馬鹿げた行いによって
多くの同胞や部下を失っている。その怨み、忘れたわけでは無い」


やはりセルゲイは筋が通ってる。
このやり取りで、アレルヤは自分は撃たれてもかまわない、そのかわりマリーを戦いから遠ざけてくれ、とセルゲイに嘆願。銃を構えるセルゲイに向き合い、マリーを自分から遠ざけます。

このやり取り・・・何年か前に見たような気g(ry
決意の差が両作品の質の差でしょうか。ベタな展開でしたが良かったですね。

撃ってください、とアレルヤ。承知した、とセルゲイ。
割って入るマリー、鳴り響く銃声。


そして、空に向けられた銃。

「今、ソーマ・ピーリス中尉は名誉の戦死を遂げた。報告のために帰還する。」

王道的な展開ですが、自身の力では義娘を守れないと判断した父の心が見えました。
軍人に徹することはできなかったセルゲイ。だがそこがいい。

マリー「・・・大佐!「ガンダム掃討戦にだけ参加させていただいたことを・・・感謝します!」
セルゲイ「その言い方・・・やはり君は私の知る中尉では無いのだな。」
「私の中のソーマ・ピーリスが言っています。あなたの・・・あなたの娘になりたかったと・・・!」
「・・・その言葉が聞けただけで十分だ。」


セルゲイかっこいい・・・!

マリーの「ガンダム掃討戦にだけ参加させていただいたことを感謝します」の発言から
掃討戦などの任務からセルゲイの力でソーマを離していたんですね。
親父・・・・!。・゜・(ノд`)・゜・。

20081116205029s.jpg
「彼と・・・幸せにな。」


はい、今日のセルゲイ劇場でした。
命を差し出してマリーを守ろうとしたアレルヤの心意気が伝わったんでしょうか。


20081116222950.jpg
そして帰り際にケルディムとすれ違うセルゲイ。
光信号でケルディムにアリオスの座標を教え、救助へ向かわせます。

そしてハッピーエンド的な展開で彼らは救助されるのですが・・・
着目すべきは次の2点。

・ソーマ人格の扱い
・ソーマのアヘッド

もしアヘッドも同時に回収されてるのであれば、「マリーが乗ることができる機体」がトレミーへ収容されることになり、さらに「擬似GNドライブ」がトレミーに増える事になります。

そして現在ドライブ無しであいている機体は、エクシアがあります。
これは・・・、悲恋の予感・・・・。


その後はアレルヤが墜落したはずなのに、女連れで戻ってきた事で罵詈雑言が飛び交う機内w
おそらく、来週も「2人は恋人なのですか?」の質問が聞けることでしょうw


e_04.gif←応援クリック願いします(・ω・) 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://accomplish.blog96.fc2.com/tb.php/275-de83e548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。