検索サイトからのお越しの方は左完成画像からどうぞ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危機的状況から脱却したCB。

作戦への影響は?アレルヤとハレルヤの関係は?

多くの謎を残し、ストーリーは進んでいきます。


以下、本編レビューです。
ユニオンのガンダム鹵獲チームの座談会から幕開け。

デブリの状況から大破した機体の詳細とかわかるんですねぇ。
相変わらずグラハムの台詞はシャアの二番煎じ的な要素が強いです。

それさえなければいいキャラなのに…。


OP明け。

見事な責任転嫁でスメラギさんにつっかかるティエリア。
ヴェーダ(予想では創設者の脳)の計画よりかなり早くナドレを晒した事に憤りを感じているようです。
しかし、自分には全く責任は無い、とでもいいたげな口ぶり。ガキか・・・と思ってると。
「しかし、ナドレの使ったのはお前だ。」とロックオン。流石CBで唯一まともな人!

ティエリアはいろいろ口答えをした後、今後はヴェーダの計画を優先する、と。
「かわいいねぇ」とロックオン。八つ当り…にしかみえないよなぁ、やっぱり。

彼はクルーの中でも浮いた存在である事は間違いなさそうですね。
それもみんなそれを納得してる風な感じでした。やっぱり人外なんでしょうか<ティエリア

確かこのあたりで変なスコープつけた人革の研究者がアレルヤの身元を確定。
「ハレルヤ」は強化されている途中で形成された他人格だ、と。
ここからばれるかと思いましたが、データ上では処分…つまり殺した事になっていました。

しかし、アレルヤは生きている。
この事がばれると首が飛びます。まだ家のローンが残っているのに。32年ローンなのに。(何

そして、保身の為にデータを改竄し・・・がセルゲイから入電。
画面では改竄したのかどうかは不明。確証が無いまま場面は変わりました。


場面、前回のいちゃいちゃポイント。<色男

そこでアレルヤが一人苦悩していました。
いや…、正確には2人・・・か。
前回意識の干渉をしたソーマの事から自分が受けた事が続いているのでは、と考えます。
超兵の作成。その苦しみ。苦しむ仲間たちの解放。過去への決別…。


その為に、組織(人革連の超兵機関)を攻撃するべきではないのか。


悩むアレルヤ。しかし、「助ける」といっても具体的な方法などあるはずも無く、殺す事によって苦しみから解放する事ぐらいしか自分にはできない。
それは本当に「解放」なのか…。どうにかして助けることは・・・

「やる事は一つだ、同類が生み出されていくのは戦争を幇助する行為だ」
ハレルヤがアレルヤに言う。
そこで過去への記憶、同胞を殺すハレルヤの姿が。

「助けてなんになる?戦う為だけに改造された人間に、どんな未来がある?」
超兵になった人間は、「生きる兵器」であり、人であって人で無いようなもの。
かつては自分もそうだった。しかし…何も殺す事は…

「…それはお前が一番よくわかっているだろう?ソレスタルビーイングのガンダムマイスターさんよぉ!?」
違う!俺は・・・!



「どうした?」
怪訝な目で刹那が問いかける。

「…いや、なんでもないんだ。」
マイスターの過去は特A級の極秘事項。
過去からの葛藤を相談する事も許されないんですね。かわいそうに・・・。


ハレルヤの言う事はCBの理念に基づくもの。
ガンダムをもつCBがあれほど苦戦する超兵。
それが戦場に大量投入されようものなら、戦局は一変するでしょう。
戦火の種を失くすと言う事からだけ言えば至極真っ当な意見です。

しかしそれに自分の過去、そして「同胞を殺す」と言うことが重なる。
理屈だけで動けるほど人間は強くありません。

しかし、やらねばならない。

やはり、自分は戦う事しかできないのか。そうではないと信じたい。
アレルヤの葛藤が伝わってきます。



場面変わって、お馬鹿の国アザディスタン。

以前からの繋がりで、国連の技術支援により太陽光発電システムの建設が進められている模様。
マリナに「現場を視察されては?士気も上がりましょう」とアレハンドロ。

が、「わざわざ暗殺されにいけ、と?」と食って掛かる説明要員3号。相変わらずのドSっぷりです。
以前から引っかかっていた「見返りもなく技術支援する理由」について問います。
しかし帰ってきたのは教科書どおりの答え。
不信感は募る一方です。こいつは一体何が目的なんだろうか・・・。


…。

このあたりで説明要員から「和み(萌え?)要員」になった説明要員1号・沙慈&ルイス。
すごくどうでもいい。全く話関係ない。
そう言う訳で、省略して次の場面。



覚悟を決めたアレルヤは、のんだくれてるスメラギさんに自分の過去、超兵機関の事をまとめたデータを渡します。

酔いが覚めた時にでも見てくれ、と。


が、即効で見るスメラギ。
うん、酔ってないんだろうね。

そしてアレルヤの計画はヴェーダの許可を得、即実行に移ります。
作戦内容はエクシア・デュナメスが陽動、ヴァーチェがキュリオスの護衛。

そして、キュリオスは超兵機関の破壊。
場所は人革連のスペースコロニーです。

先に出撃する刹那。勝手な事するなよ、と釘を刺されます。
今回もあんまりしゃべらなかったなこの子…。
続いてデュナメス。この2機は地球で紛争へ介入。
 バンク画像で バッタバッタ切り進むエクシア。
そして射程外から打ち抜いていくデュナメス。鬼…。

そして最近の主役の2機へ。
ティエリアが以前にも少し出たマシンの中で目を光らせます。
そして何故かアレルヤとスメラギが会話しているシーンを思い出すティエリア。
…プトレマイオス内の情報は全て把握しているのか?

やっぱり、ティエリア=アンドロイド=プトレマイオスの1部だと思います。


アレルヤの過去を知ったティエリアは、珍しく人のために動きます。
過去に縛られているのなら、それを解き放つのがガンダムマイスターだ、的な事を言ってましたね。

防衛に来たティエレンを吹っ飛ばすヴァーチェ。
不意打ちは大得意です。(何

その間キュリオスはコロニーにアクセス。
そしてあっさりセキュリティロック解除。セキュリティがザルなのか、ガンダムが凄いのか。

コロニー内にすいすい入っていくキュリオス。
「コロニー内は戦闘禁止だという事を知らんのか!」と怒る人革の人。


じゃあ君らは人権と言うものを知らんのか、と小一時間問い詰めたい。


結局「テロリストに何言っても無駄」だという事でスルーでしたw

「まさかここに戻って来る事になるとは・・・」とアレルヤ。
超兵研究所の前に立ち、銃を構えます。


そこで脳に響いてくる、複数の叫び声。
実験台になっている子供の悲鳴。

決めたはずの覚悟が揺らいで行きます。

自分のような存在を二度と生み出さないためにも叩かなければいけない…
そのために自分と同じ境遇の子供達を殺す。
しかし、何も殺す事は無いじゃないか…!?

「何のためにお前はここに来た?生かしておいてなんになる?こいつらはいずれ、俺たちを殺しに来る!」
ハレルヤが問いかける。

しかし・・・! 

「また俺がやってやろうか?嫌な事からは目をそむけ、俺にやらせ続けるのか?」

撃ちたくないんだ、僕は・・・!

「偽善なんだよお前のやっている事は!引き金ぐらい感情で引けぇ!アレルヤァァァー!
銃を構える幼少のアレルヤとハレルヤ。


 「撃ちたくないんだぁぁぁ!」

泣き声とも悲鳴とも取れる叫びが、ミサイルとともに施設に打ち込まれていきます。
燃えていく施設。そして、同胞たち。

施設の崩壊が始まったとほぼ同時に、キュリオスは変形しコロニーの外へ出ました。


「よくやったアレルヤ・・・それでこそもう一人の俺だ・・・!」

ハレルヤの目には涙が。あれはアレルヤの涙か、それともハレルヤの涙か。

強化の段階で生まれた「戦う人格」ハレルヤ。
そして、普通の人で優しい青年であるアレルヤ。
対極にある2つの人格が、共通の過去を持ち、共存していかなければならない。
アレルヤの苦悩と葛藤、そしてハレルヤの人間性。それが痛いほど伝わってきました。


戦闘終了後、酒を酌み交わすスメラギさんとアレルヤ。
アレルヤは今日が20歳の誕生日だという事で。そうか…誕生日の前夜にあんな事を。
「過去との決別」でしょうね。まだ完全にはできないでしょうけど…。

お酒(多分ウイスキー)を飲むアレルヤ。

「…っ、なんでこんな苦いものを…?」

「その内わかるわよ。・・・そのうちね。」とスメラギ。

臥薪嘗胆…、それとも人生の苦さ…?


「(お酒の楽しさが)その内わかるわよ・・・。(やべ、ちょっと強すぎたかな?)そのうちね。」

で無い事だけは確かです。お酒楽しいよね!(←忘年会でよく死ぬ人



その後の人革。

超兵機関を壊滅させた後、情報を流したCB。
それによって人革は世界的に非難される事になりました。
で、前半にも出たゴーグルサイエンティストは逮捕、超兵の研究は凍結らしいです。

・・・。
ソーマに重病フラグ・・・!(ぉ


アレルヤのデータがちゃんと消されたのか、セルゲイはこの後どう動くのか。
次回からはその辺に注目していきたいと思います。


・次回・
刹那がアザディスタンでなんかいろいろやる。

刹那・・・!やっと主役っぽいことができるね!

(シンの二の舞にならないか不安で仕方がありません)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://accomplish.blog96.fc2.com/tb.php/142-5f3a4e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。